[22]グランドサンーコミックス全3巻の感想

・「グランドサン」 
・ジャンル:近未来、恋愛
・絵柄・ストーリー・お勧め度:★★★★★


[ボディガードや自警団が必要になるほど治安が悪化した日本。護衛学校で優秀な成績を修めた下町育ちの光向亜沙姫は、財閥御曹司で天才的頭脳を持ち方々から狙われている如月朔夜のボディカードに請われる。]


絵夢羅先生の代表作といえば、「Wジュリエット」や「今日も明日も。」を上げる方が大半かもしれないが、私はこの作品を特に推したい。
よくあるボディガードものといえばそうかもしれないが、家庭環境劣悪で情というものを知らない朔夜が徐々に心を開いていくところと、実は亜沙姫の方にも複雑な事情があったり、それが朔夜にも密接に関わったりしてたりで3巻で終わってしまったのが残念なほど読み応えがある。すっきり終わったという意味では、ほどよい巻数なのかもしれないが。
反発しあいながら惹かれていくお話がどうも私は好きで好きで、表現力がある作家様だと尚更に、はまってしまうのだ。
殊に恋愛系は、拗れて拗れて1周回った頃くらいにくっつくくらいが面白い(と思っている)。

グランドサン 1【電子書籍】[ 絵夢羅 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
グランドサン 1【電子書籍】[ 絵夢羅 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
グランドサン 2【電子書籍】[ 絵夢羅 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
グランドサン 2【電子書籍】[ 絵夢羅 ] - 楽天Kobo電子書籍ストアグランドサン 3【電子書籍】[ 絵夢羅 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
グランドサン 3【電子書籍】[ 絵夢羅 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント